幸せ脳でもっと幸せをたくさん感じられる!脳内ホルモンを増やす方法

「幸せ脳」になれる脳の中のホルモンを増やす方法をお伝えします。

この記事を読むことで、これまでよりも人生でハッピーを感じる機会が増えますよ。

脳のホルモンを増やすことで、それが可能だと実証されています。

 

幸せ脳内ホルモン「ドーパミンとは」

 

ドーパミンとは、神経伝達物質です。

このドーパミンの効能が、私たちにやる気などを起こさせています。

 

なぜ、ドーパミンで幸せ脳内ホルモンが増えるのか

脳内ホルモンを増やすには、ドーパミンが脳に情報を伝達する必要があります。

神経伝達物質というのは、脳内での情報を運搬する役目があるんです。

特に、感情・記憶・思考・理性・意識・理解などに関与しているので、人格形成も担っています。

 

たとえば、マッサージを受けると「気持ちいい」というドーパミンが放出されているわけです。

なので、マッサージが終わると、がっかりしませんか?

それはドーパミンの放出が弱まってしまうことで起こります。

「気持ちいい」という感情を届けているうちは、幸せ脳になっているんですね。

 

ドーパミンにはどんな効能があるのか

 

ポジティブになる

ドーパミンが増えると、ポジティブになるといわれています。

やる気が出るということにも繋がりますが、神経伝達役の脳が活発になれば、体もやる気に満ち溢れますね。


幸せな気持ちになる

好きな食べ物を口に入れる瞬間は幸せですよね。

こういったときに、ドーパミンは放出されます。

感情を刺激すると、ドーパミンが放出されて、脳に伝達されるので幸せな気持ちになるんです。

楽しみを作ると、脳内ホルモンを増やせそうですね。

 

どうすれば、ドーパミンで幸せ脳内ホルモン増えるのか

先程、楽しみを作るとお伝えしましたね。

  • 目標を達成して、やった!と喜ぶとき
  • 食事をしながら、おいしいな!と感じるとき
  • 夢を追いながら、必ず叶えるぞ!と意欲的なとき
  • 音楽を聴いたり絶景を見て、素敵だな!と感動するとき
  • 温泉につかりながら、極楽だな~!と快適なとき

こういったときに、脳内ホルモンは増えます。

なので、毎日仕事でも週末に楽しみをつくることで、幸せ脳内ホルモンを増やすことができますよ。

 

幸せ脳内ホルモン「オキシトシンとは」

 

オキシトシンも神経伝達物質であり、ストレスを緩和したり、癒やしを感じさせる効果があります。

「オキシトシン」とはギリシャ語で「quick birth(クイック・バース)」といいます。

この意味は「時間のかからない出産」を意味します。

それはいいとして、「飼い犬と触れ合うことで、お互いにオキシトシンが分泌される」という麻布大学の研究チームによる論文が、米国の「サイエンス」誌に掲載され、世界で話題になったホルモンです。

 

なぜ、オキシトシンで幸せ脳内ホルモンが増えるのか

理由は、ドーパミンとよく似ています。

期待できる効果も以下の通りです。

・幸せな気分になる
・学習意欲と記憶力向上
・脳や心が癒され、ストレスが緩和する
・心臓の機能を上げる
・不安や恐怖が減少する
・感染症予防につながる
・他者への信頼の気持ちが増す
・睡眠を促し、質の良い眠りをもたらす
・社交的となり、人と関わりたいという好奇心が強まる
・美肌
・親密な人間関係を結ぼうという気持ちになる
・記憶力アップ

などなど。

どうすれば、オキシトシンで幸せ脳内ホルモンが増えるのか

  • 人やペットとスキンシップをとる
  • おしゃべりをする
  • 人を褒める、または褒められる
  • チャレンジする
  • マッサージやエステに行く
  • 朝日を浴びる
  • スポーツをする

こうしたことを行うと、オキシトシンが増えるといわれています。

 

幸せ脳内ホルモン「セロトニンとは」

 

セロトニンも、神経伝達物質です。

セロトニンは、リラックスホルモンといわれています。

不安、興奮、不快感をしずめる作用があるそうですよ。

さらには、頭の回転をよくして直感力をあげる働きもある脳内物質です。

 

なぜ、セロトニンで幸せ脳内ホルモンが増えるのか

理由は、リラックスさせることにより、心地よさを感じさせるからでしょう。

また、頭の回転がよくなることで、作業がはかどり順調に仕事が進むので、達成感などにもつながっていると考えられます。

 

どうやって、セロトニンで幸せ脳内ホルモンが増えるのか

セロトニンを増やすには、以下の方法があります。

日光浴をする

裸足で土の上に立ち、日光浴をしてみましょう。

一定のリズムを刻む運動を反復して行う

水泳、サイクリング、ジョギングなど

感情を刺激するもの

感動する映画やイベントに参加して心を震わせましょう

睡眠

しっかりと湯船で温まったら、温かい布団でたっぷり寝ましょう

 

まとめ

 

幸せ脳をつくるには、脳内ホルモンを増やしましょう。

刺激するべき脳内ホルモンは主に以下の3つです。

・ドーパミン
・オキシトシン
・セロトニン

脳内ホルモンを増やすのに共通することも多かったですね。

・自分が楽しいことをする
・適度に運動をする
・しっかり睡眠をとる

この3つだけでも、幸せ脳となる脳内ホルモンを増やせそうです。

試してみてくださいね。