「新品のお財布」使い始めにした方がいいこととは?

あなたは風水を信じますか?
または、取り入れていますか?

風水には様々な作法があるといいます。その中でも、今回は金運に密接に関係する「お財布」について。

風水は「始まりの日」をとても大切に考えるようなので、お財布を買い替えた時にも、今後を良くするための作法があります。

これを知ることで、あなたのお財布は金運の巡りが良くなる。そんな方法を早速ご紹介しましょう。

 

新しいお財布の使いはじめには眠らせる

 

新しいお財布を買ったら、すぐに前に使っていたお財布からカード類を移し替えずに、使いはじめには、まずはお札を何枚か入れて少し寝かせます。

寝かすことで、金運はアップするのだとか。

寝かす期間は1週間から2週間にしてください。その間にお財布とお金が仲良くなってくれます。

しかし、新しいお財布が使いたくてたまらないのならば、9日間寝かせた後に使いましょう。

なぜ、9日間かというと、風水では9という数字が良いとされているためです。

 

お財布は覚えている

 

これを聞くと驚くと思いますが、なんとお財布には記憶力があるようです。

最初に収められた金額を記憶するのだそう…。
そして、その金額を常に集めようとするみたいです。

つまり金運を引き寄せ、お財布の中身が最初と同等の額になるように働くわけです。

ということはですよ?

お財布に初めてお金を入れるときは、あなたが常にお財布に入っていてほしい金額を入れた方が良いのです。

常に5万円入っていてほしいなら、最初のときに5万円をお財布に入れて、寝かせましょう。

期間が過ぎたらお金は抜いて構いません。あとは記憶力におまかせを。お財布が自然と5万円になるように金運を働かせ、お金の巡りを良くするようです。

ただし欲をかいてはいけません。

常にその額に合わせようとしてくれるなら、とりあえず友達に借りてでも100万円を常に維持できるようにお財布に入れておこう!なんて考えないでくださいね。欲は運気に悪影響を及ぼすと言われています。

ご自身の環境を考えたうえで現実味のある金額にしましょう。また、お財布の形が変わるほどのお札を入れることもやめるようにしましょう。

お財布が窮屈に感じ、お金と仲が悪くなってしまう可能性もあります。

 

新しいお財布を寝かせる場所を間違えないように

 

新しいお財布は9日間寝かせるわけですが、その保管場所にも気をつけるようにしましょう。

直射日光があたったり、水回りの近い場所を避けるようにしてください。

なるべく安眠できるように、引き出しの中などに入れておくのがベストです。

 

新しいお財布には種銭を入れておこう!

 

金は天下の回りモノ。だから使った方が巡りがよくなって返ってきやすくなる…なんて聞いたことありませんか?

それはそうなのですが、出ていったお金が帰ってこられるように目印を作っておく必要があるのは、あまり知られていないでしょう。

お金の帰ってくる場所はお財布ですね。それなら居心地が良いとお金に思ってもらわなければいけません。

あなたにとって居心地がいい場所とは?それはきちんと整理された場所ではないですか?

お財布の中身のカード類なども整理しておきましょう。

また、お金はさみしがりや。仲間がいる場所に好んで帰ってきます。仲間がいなければ折角帰ってきても直ぐに出ていってしまうかも。

では、どうしたらいいのでしょうか…

新しいお財布の使いはじめに入れておいたお札。その中の1枚は使わずに常にお財布の中に入れておきましょう。

そうすれば、友人に会いに出ていったお金は戻ってきますからね。

このように、なるべく「種銭」を作り使わないようにすることが大切です。

 

かばんに入れっぱなしはNG

 

あなたはこれまで、お財布をかばんの中に入れっぱなしにしていませんでしたか?

家に帰ってきたら、なるべくお財布を寝かしていた場所に入れる習慣をつけてみてください。

あなただって、夜寝る時は、いつも眠っているお布団や枕が居心地が良くていいですよね?

それと同じで、お財布も寝なれた場所を好みます。寝にくい場所では体が痛くなるのと同じで、お財布も寝やすい場所でなければコンディションを崩し、金運がダウンしてしまう可能性があります。

 

最後に

 

いかがでしたか?

新しいお財布の使いはじめに最初にすることは分かりましたか?

お財布を買い換えるときにはやってみてくださいね。

お財布の使いはじめに行う金運アップの方法は以上です。

ぜひ、ご参考にしてみてください。

金運アップを手っ取り早く行いたいなら、金運に強いお財布を手に入れるのがオススメです。

 

 金運アップのお財布をみてみる