別れを告げられた時の対処法|未練を残さないために直ぐに取るべき4つの行動

 

恋には別れはつきもの。

それは運命に気づくためのチャンスでもあります。

運命の相手だと思っていたけれど、それは違うのだと教えてくれることもあります。

または、一度引いてみて、改めて互いに運命の相手なんだと気付かせるパターンもあります。

とはいえ、別れとはとても寂しく切ないもの。

どうしたらいいのか分からなくなり、パニックになってしまうこともあります。

そこで、この記事では「別れ」を告げられたときに、どのような行動を取るといいのかを3つご紹介いたします。

 

「別れよう」と言われときに取るべき4つの行動

 

行動1:話し合う

 

別れには様々な理由があるものです。

その中でも取り返しがつくものとつかないものもあります。

相手を信用できなくなった場合は難しいかもしれませんが、互いに不満などは話し合うことで改善することもあります。

いちど本格的に、腹の底から思っていることをぶつけ合ってください。

そして、自分が嫌でも相手が不安や不満に思っているならば努力して改善していきましょう。

完全に直す必要はありません。大事なのは相手のために努力をしている行動と姿勢をみせることです。

もともと好きだからこそ互いに惹かれ合ったのですから、嫌に思われている部分を改善すればそれだけで別れを回避できるでしょう。

また別れに至ってしまっても、自分の悪い部分を知ることで次に繋げていけるのです。

 

行動2:「本当に相手を愛しているのか」を考える

 

別れる前や別れた後は、ひとりになって考える時間が増えます。

その時に、一度しっかりと考えてみましょう。

本当に自分は相手を愛しているのか?いま相手がいなくなったらどう感じるのか?
このまま、この先何年も一緒にいられる相手なのか?自分が相手のどこが好きでどこが嫌いなのか?

紙に書き出してみるのもいいでしょう。

その他にも相手との思い出なんかも書き出してみると、相手に対する思いの度合いが分かってくるはずです。

この行動により、別れて良かったのか悪かったのか、相手に対する真の思いを見極められることでしょう。

 

行動3:感情を出す

 

友達や家族に、別れたことや相手のしたことなど、楽しかったことも辛かったことも話してみてください。

話せないなら、手紙に書くのでもいいですし、個人のブログやSNSなどに書くのもいいでしょう。

思いをなにかしらの形で表に出すことで、気持ちを鎮めることもできます。

また、話すことや表に出すことで心に溜まっていたものが軽くなり、次の恋愛を受け入れる体制にもなります。

この行動により、別れによって心に溜まってしまった悲しみを和らげることができます。

 

行動4:進化した自分

 

もし別れを告げられ、別れに至っても至らなくても、ご紹介した3つの行動を取っていたなら、互いの理解はより深まりますし、自分に足りないものにも気付けるでしょう。

そうなったら、今後は足りないものを補う努力と、自分の駄目な部分を磨いていけばいいのです。

それらを継続させたあなたは進化した新しい自分です。この行動により、これからはもっと素晴らしい恋愛をしてけるでしょう。

 

さいごに

 

以上今回は「「別れよう」と言われたときに直ぐに取るべき4つの行動」をお伝えいたしました。

 

  • 話し合う
  • 「本当に相手を愛しているのか」を考える
  • 感情を出す
  • 進化した自分

 

もしも別れを告げられたときには、直ぐにこの4つの行動について考えてみましょう。

どんどん自分が進化していきますからね。

この記事が、あなたのお役に立てばと思います。

そして、別れの後に、どうしても自分の中で解決しないときには、自分の恋愛の行方を相談してみるのもいいでしょう。

恋愛の相談なら、こちらがおすすめです。

 

\恋愛・復縁の相談ならここ/
→ 復縁カリスマ占い師がヴェルニに集結