タロット占いとは?歴史からわかることまで解説

タロット占いとは?

 

タロット占いは、78枚のタロットカードのうち数枚を引いて占う方法です。

大きくわけると「大アルカナ(22枚)」と「小アルカナ(56枚)」があります。

大アルカナは、人生の旅路や道中を象徴し、小アルカナは4つの組札によって日常を表すもの。

2つを混ぜてカードを引き、質問の答えを導きます。

 

タロット占いの歴史(ルーツ)

 

タロットカードのルーツは、中世ヨーロッパです。

カードに描かれた絵柄やシンボルを秘密の暗号として、連絡を取り合う手段として用いられていたそうです。

とても怪しげなルーツですね。

 

タロット占いは誰を占うもの?

 

タロットカードは、主に自分を占うものと認識しておきましょう。

自分でタロットを引くときも、占い師にタロットを引いてもらうときも、自分の思いが込められている必要があります。

 

タロット占いで何がわかるの?

 

タロット占いでは、生活全般のことが占えます。

  • 恋愛
  • 仕事
  • 健康
  • 対人

自分が占いたいジャンルの思いを込めて質問をすることで、引いたカードに込められたメッセージを読み取ることができます。

 

タロットカードの選び方

 

タロットカードは、さまざまな絵柄のカードが販売されています。

中でも最もポピュラーなのは、アーサー・エドワード・ウェイトのウェイト版タロットです。

\これがウェイト版タロットです/

 

タロット占いの注意点

 

タロットカードには「吊るされた男」などの不吉なカードもあります。

絵柄はとても怖いものなので、引いてしまったときに嫌な気持ちになるでしょう。

しかし、カードが示す意味は、そこまで悪いものではありません。

また、カードの読み解き方は占い師によってさまざまなので、言われたことを鵜呑みにはしないようにしましょう。

 

まとめ

 

タロットカードは、78枚のカードを使って占います。

対面占い、電話占いなどでも人気の占い方法みたいですね。

この記事では、タロット占いとは何か。そのルーツまでを簡単に説明いたしました。